ehon-labo’s blog  本の小部屋にようこそ libro favorito

絵本の持つ言葉の力、絵の力は、 深く、広く、温かく、優しく、楽しく未来への希望へとつなげる 言葉の世界.。絵本は、広い未知なる宇宙です。

バスラの図書館員

f:id:micicokuma:20200424111820j:plain

https://amzn.to/3cN5lEv

『バスラの図書館員〜イラクで本当にあった話』

ジャネット・ウインター:文&絵

長田弘:訳

 

 

この絵本は、実話から生まれました。

 

2003年春、中東の危機が報じられ

イラクへの侵攻が始まり

バスラの町まで及びました。

 

文化都市バスラの図書館の本を守らなくてはと

図書館員だったマリア・ムハンマド・バクルさんと街の仲間で

3万冊の本を守った実際に起こった話。

 

本が外部に運び出された9日後に

図書館は焼失。

 

 

その出来事を、アメリカのニューヨークタイムズ社が

報じた記事(2003年7月27日付) から生まれた本なのです。

 

バスラは、

世界に開かれた港で文化的なイラク最大の港町。


バスラの図書館は、

本を愛するイラクの人たちが集まっていたところ。

 

 

図書館員のマリアさんは、

本の守ろうと、街の人に呼びかけ

戦火の中、運び出したのです。

 

「図書館の本には、自分たちの歴史が詰まっている」と。

 

マリアさんの図書館では、

本を愛する人たちが集まり

世界の問題や、精神の問題を話し合う場でした。


戦いが始まりそうな空気が強くなっていく中で

図書館で語り合う人たちの話は、

 

 

 

これからどうなるのか

家族の命は守られるのか

生き延びることができるのか

爆弾が落ちるのだろうか

など、

 

心配と不安で

戦争がどの様に始まり

どの様になるのか

 

そして、

 

 

自分たちに何ができるのか・・

 

 

戦火という町中を焼き尽くす火が

歴史が詰まった本も、

跡形もなく消してしまう恐れは

耐えがたいものでした。

 

 

本は

黄金の宝よりも、

ずっと価値のあるもの。

 

マリアさんの思いです。

 

 

図書館にはあらゆる言語で書かれた本

古い時代の本

新しい時代の本

預言者ムハンマドの伝記(700年前)

 (紀元後610年頃にイスラム教を起こしたと言われる

様々なジャンルの本は

次世代につなぐ大事な宝。文化資産です。

 

 

図書館が破壊されてしばらくして、マリアさんは発作を起こし

心臓の手術を受けたとのこと。

 

療養中も、図書館の再建をみるまでは

守り切るという決意は揺らぐことはありません。

 

新しい自由の時がくるまでと

がんばっているそうです。

 

 

本を愛する人たちの思いは、深く

大切に後世に残そうと活動する人たち。

 

 

立ちはだかる困難な壁を前にして 

いつの時も、

 

問われています。

 

 

自分たちに何ができるのか・・・

自分に何ができるのか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルリユールおじさん

f:id:micicokuma:20200422174206j:plain

https://amzn.to/2VuX4Q6

ルリユールおじさん

いせひでこ:文と絵

理論社

 

ルリユール(RELIEUR)。

 

その仕事とその仕事が生み出す文化は、

日本にはないものです。

(特別な一冊だけのために想定する手工芸的芸術作品として

アート分野に、近年見られることがありますが。)

 

 

フランスは、長い間、出版業と製本業が法的に禁止されていました。

そのため、装丁の手仕事がその分野で

成熟した一つの本に関わる文化を同時に作り出したと言われています。

 

 

約400年前から生まれた

製本の60工程を一人でする職人の仕事です。

IT化機械化の時代に入り、

そのルリユールという手仕事の職人さんの数は、

激変して、一桁になっているそうです。


日本でも日本独自の手作業の職人さんの仕事が

いくつも消えている現状とおなじです。

 

時代が、どんどん変わっていき

富に近年の目まぐるしい変わり様は

加速している現状です。

 

 

ひとりのルリユールという製本の仕事をするおじさんと

植物が大好きな女の子の出会いから

本の装丁の仕事が

世代を超えて話す会話から小さな光を感じ絵本です。

 

女の子は大事にしている植物図鑑がバラバラに教えてもらい

その手職人さんを探し、

作り直してもらうことになる。

 

その工程が、

丁寧に描かれ

その作業の日々に、

女の子とお手職人のおじさんの交わす言葉が

叙情詩の様に美しい。

美しい仕事の周りには、美しい空気が流れていると

思うことが多いのです。

パリの街の一角が美しく想像できる様に・・。

 

本を読む楽しみです、こんなふうに想像することが。

絵本を読む醍醐味です。

 

 

 

手職人のおじさんは言う。

 

ルリユールという言葉には

もう一度つなげる」という意味がある

 

 

「本には

大事な知識や物語や人生や歴史がいっぱい詰まっている。

それらを忘れないように、

未来に向かって伝えていくのが

ルリユールの仕事なんだ」

 

その手職人のおじさん(ルリユールおじさん)のお父さんも

ルリユール。

 

息子のルリユールおじさんに残した言葉は

 

いい手を持て

 

修復され、丈夫に装丁されるたびに

本は、また新しい命を生きる」と・・

 

 

ルリユールおじさんは、自分の父の手を魔法の手のだと思っていた。

自分も魔法の手を持てただろうか・・と自分に問いながら・・

 

**************

本を描いた作者・いせひでこさんは

その絵本のモデルとなったM氏の工房には

窓ガラスの小さな紙片に

「RELIEUR-DREUR」(製本ー金箔)

「私はルリユール。いかなる商業的な本も売らない、買わない」

と、貼ってあったと言う。

 **************

 

 

ソフィーという女の子が直してもらった植物図鑑は

2度と壊れることはありませんでした。

 

そして、その子は植物学の研究者になったと

絵本の物語の最後の言葉。

 

 

絵本の奥深くに流れる大事なことを見守るように

 大きなアカシアの木が印象的に

描かれている絵の美しい本。

 

 

フランス、パリの街並みが

一層心に思い出される一冊です。

 

 

 

 

 

 

 

きこえる?

f:id:micicokuma:20200422170604j:plain

https://amzn.to/2zmPnTp

『きこえる?』

はいじまのぶひこ:文&絵

福音館書店

 

サイモンとガーファンクル

The Sound of Silence 」by Simon & Garfunkel 

 

この歌につけられた言葉を連想します。

 

きこえる?

 

絵本を開くと、

音が聴こえてきます

いつも同じ音でなく

絵本を開いた時、

葉っぱの舞い落ちる時の音

風が頬をかすっていく時の音

花びらが開く時の音・・

 

耳を澄まさなければ聴こえてきません

心を開いていないと聴こえてきません

 

きこえる?と

問いかけられて、聴こえてくるかもしれない

ほらと呼び掛けられて、気づくかもしれない

 

星のひかるときの音

心臓の動く音

 

 

「きこえる?

 

  きみの なまえを よぶ こえ」

 

 

この最後のページの言葉は

読むたびに

胸を打つ呼びかけです。

 

祈りを伴った美しい呼びかけ。

 

この一言に出会うために、

時々この絵本を開きます。

 

 

追記:世界絵本原画展のビエンナールと言われる金のリンゴ賞受賞作品です。
            gallery mu-an(長岡市)で、版画展で出品された版画が、

   その後絵本になった思い出の作品です。

 

 

 

かもさんおとおり

f:id:micicokuma:20200422160510j:plain

https://amzn.to/3arML3r

ロバート・マックロスキー:文&絵

渡辺茂男:訳

福音館書店

 

おまわりさんが素敵!!

こんな親切な温かな心のおまわりさんがいる!


ボストンという街、アメリカという国

いいなあと、

真っ先に思った絵本でした。

この絵本を最初に手にしたのは、1965年。

子どもが3歳の頃。下の子はまだ生まれていませんでした。

 

 

かもさんはたくさんの子どもたちのために

安全で育てやすいところを探し

そこへ家族中でお引っ越し。

 

アメリカで1941年発刊された時、

 

世界は第二次大戦へと向かっている時。

ボストンは、既に車がたくさん走っていた時代。

 

絵本は、

絵で、その街の様子や状況が読み取れます。

 

 

歴史の背景を考えながら絵本を見ると

違った人々の日常が見えてきます。

それは時として、

偏った一方的な情報からの視点と視座を

写だしてくれます。

 

誰がこの温かな街の様子から

戦争へと進む様子につながると思えるでしょうか・・・

 

平和な人々の生活と日常が、伝わります。

 

 

かもさん家族が 

車が往来する通りを無事に渡りきられるように

パトカーまで出動して

幼き命を守るお巡りさんの温かい心が

 

ボストンの街の全体の雰囲気を

平和で安心な街として

幼い心に届けてくれます。

 

ボストンはきっとその後も

その気質は変わらないと思います。

 

この本を読んだ子どもたちと、かつての子どもに

愛され続けている限り・・

 

心の深層に残る温かな愛は

その人の人生を支える土壌を

豊かにふかふかにしているのです。

 

忘れてしまっていても、

きっといざという時に思い出す愛の芽となって。

 

 

そうそう、随分前になりますが

日本でも、同じような光景が

皇居周辺から丸の内方面に、

かもさんの家族が一列になって

道を渡る映像が

テレビニュースで放映されたことがあります。

 

微笑ましい光景に、皆足を止めて見守っている様子。

 

子どもたちと、「かもさんおとおり」と

嬉しくなって歓声を上げていた思い出があります。

この映像を見られた方はいますか?


脇目も振らず急足や

スマホだけ見て歩く時代ではありませんでした。


地球上には

人間だけでなく、

小さな虫も、小さな草も生きています。


全ての生き物が共存できて初めて

地球が地球らしく青い美しい星になることでしょう。

 

飛躍しすぎかしら?

 

いいえ、そうは思いません。

 

ゆっくり歩きたいと思います。

大事なものを見つけるために。

大事なものを見落とさないために。

 

 

いたずらきかんしゃちゅうちゅう

 

f:id:micicokuma:20200422130652j:plain

バージニア・リー・バートン:文&絵
 
息子たちの大好きな一冊。
図書館に集まる絵本好きな子どもたちも
膝を乗り出して聞き入る絵本です。
 
機関車ちゅうちゅうの、
自由に好きなことへの気持ちが
共感するのでしょうか。
 
読んでいる時、
言葉のリズムと視覚的な計算された言葉の配置に
引き込まれます。
 
こどもたちが引き込まれるものと
大人が引き込まれるものには差異があるかもしれませんが。
 
でもでも、どんな年代のかたでも
絵の力と言葉の力に魅了され
すっぽり絵本の世界に引き込まれ
絵本の楽しさを満喫できます。
 
バージニア・リー・バートンのデビュー作。
 
リー・バートンは、
『ちいさいおうち』で、コールデコット賞を受賞した作家ですが
機関車ちゅうちゅうは、息子のために書き
それが絵本作家としてのデビュー作なのです。
 
 
子どもたちの柔らかな脳裏に焼き付くのは
心地よい響きの言葉とリズム
それに、
簡素化している中に、
しっかりと全体が細部にわたりわかる機関車の絵。
 
そして、絵本を読んでいる人が、
一緒にそのお話の世界で遊び
傍に優しくいて包んでくれるという安心感のなかで
 
何よりの愛と信頼感。

それが、子どもたちの記憶に残っていきます。
深層へと。
 
それは、
心が安心して大らかに育つシャワーのように。
 
そうんなふうに
体感しています。
 
1937年にアメリカでは出版されています。第二次大戦前ですね。
日本での出版は、1961年(昭和36年)。
 
黒一色で描かれているにもかかわらず
機関車の生き生きと動く絵。
言葉が、イラストの一部であるような羅列。
原文の雰囲気をしっかりと捉え
日本語のリズムを合わせた村岡花子さんの訳。

絵本がロングセラーとなるのは
子どもたちの純粋な感性によるもの。
 
絵本は絵と言葉の本だと
感じ行った絵本です。
 
追記に、

 

『はたらきもののじょせつしゃけいてぃ』はこちら↓
 

f:id:micicokuma:20200422134400j:plain

バージニア・リー・バートン:文&絵
 
乗り物絵本では、そのほかに
『はたらきもののじょせつしゃ けいてぃ』も描いています。
 
雪でおおわれた街を、除雪車けいてぃが
一生懸命、雪かきをしていくお話ですが
雪国に育った息子たちは、ブルトーザーをケイティと思い、
雪かきの音がすると飛び出して
惚れ惚れと働く自動車をに見惚れていました。
 
こちらの本の訳者は
石井もも子です。
 
 
子供達に夢と希望を
生き生きとした日本語に訳して届けた訳者です。

 

おちゃのじかんにきたとら

f:id:micicokuma:20200418102642j:plain

『おちゃのじかんにきたとら』

ジュディス・カー:文

晴海耕平:訳

童話館出版

 

「いったい だれかしら

ぎゅうにゅうやさん ではないはずよ」

 

この言葉が、
こどもたちにはお気に入りなのでしょうか?

 

お茶にしようとした時に

玄関のベルがなって、

大きなとらがいた・・・から始まるお話です。

 

一緒に、お茶を飲み

とらは、有り難うとさようならをいって帰るという

ほのぼのとしたお話です。

 

ソフィーという女の子のお洋服や

とらさんと一緒の表情が

優しく楽しそうで

恐いとらがきてどうしようはないのです。

 

一緒にお茶を飲み、

帰るというという単純なお話ですが

なぜか、子どもはお気に入りです。

 

ベルリン生まれの作家は、

ナチスの手を離れて

スイスとフランスですがした後

イギリスに移ったとのこと。

 

深層にしずむ深い思いが

あるのでしょうか。

 

とらを受け入れる

ソフィーも、お母さんも、お父さんも

温かなもてなしです。

 

おちゃのじかんにきたとら

おちゃのじかんにきたとら

 

 

 

ずーっとずっとだいすきだよ

f:id:micicokuma:20200405000901j:plain

https://amzn.to/2V4HglB

『ずーっとずっとだいすきだよ』
にしまきかやこ:絵と文

こぐま社

 

いつも一緒

いつもだいーすきな

ワンちゃんが、亡くなりました。

 

ペットロスを経験した方は

その気持ちが、痛いほどわかるかと思います。

 

楽しかった日々。

一緒にあそび

一緒に散歩し

一緒にいたずらをし

一緒に眠り

その日々は、別れでもうできない喪失感。

 

体に触れるワンチャンの体温を

もう感じることもできない寂しさ。

 

傍にいつもいてくれた愛するものの死は

悲しみを乗り越えるまで

涙が止まりません。

 

悲しみは乗り越えられないかと思います。

 

一緒に過ごした素晴らしい日々を

作ってくれたことへの

ありがとうと、

 

きっといつかまた会える望みと、

 

悲しいけれど、寂しいけれど

笑顔でいつも思い出していることが

亡き愛しいものへのメッセージかも。

 

ずっとずっとだいすきだよといい続けることで、

少し気持ちが救われるかも。

 

 

 

 

 

ふたりはいつも

f:id:micicokuma:20200404235653j:plain

https://amzn.to/39JZspK

『ふたりはいつも』
アーノルド・ロベール:作

三木卓:訳

文化出版局(ミセスこどもの本)

 

アーノルド・ローベル

がまくんとかえるくんシリーズ。

仲良しの二人の日常です。
春、夏、秋、冬の季節の一コマが

描かれています。

 

がまくんとかえるくんの友情は

とにかくほのぼの、です。

全てを受け入れている友達同士の会話が

微笑ましいです。

 

欠点も長所も丸ごと受け止めている

がまくんとかえるくん。

 

寂しさも、悔しさも、喜びも、

試みることも、違いも、

好みも、

 

推し量る心の優しさが、滲み出ています。

 

ちょっとおかしく

ちょっとわがままで

ちょっとチグハグで

ちょっと、ちょっとがありますが

 

それを越える心のハグが

なんとも言えず、優しい気持ちを

蘇らせてくれます。

 

友情はこうでありたい!なあと思う

絵本の二人です。

 

 

 



 

だいじなとどけもの

f:id:micicokuma:20200409212243j:plain

https://amzn.to/34tYcWT

『だいじなとどけもの』

E・H・ミナリック:文

モーリス・センダック:絵

松岡亨子:訳

福音館書店

 

『だいじなとどけもの』は

『はじめてよむどうわ』におさめられている四話の中の一つです。

 

 E・ H・ミナリックの文と

モーリス・センダックの絵の

絶妙な空気感。

世界中にこのお話を読んだ子どもたち。

 

今、読んでいる子ども達と

かつて子どもだった時に読んだ、

今は大人の人たち。

 

「このお話、知っている!」と

楽しい話題になることでしょう。

 

絵本は、それぞれの国の言葉に翻訳されて

読み継がれてきましたが

 

そのお話知っているという共通の話題で

会話が弾むことがあります。

 

外国の方とのパーティなどで

音楽や、小説や、映画の話と同じように

子どもの時に読んでもらったお話や絵本は

 

言葉を超えた共通の思い出で、

語り合うととても楽しい時間になることを

体験しています。

 

芸術分野は、言葉がいらない共通言語がありますね。

 

くまくんは、上手に描けた絵をおばあさんにプレゼント。

その絵を、めんどりさんに持っていってもらうことにしました。

 

おばあさんから、くまくんにありがとうのキス。

 

その素敵な贈り物のキスを

 

めんどりさんは、くまくんに届けることになりました。

 

さあ、無事にキスは、届いたかしら?

 

 

 

ehon-labo.hatenablog.jp

ehon-labo.hatenablog.jp

 



かえってきたおとうさん

f:id:micicokuma:20200407121152j:plain

https://amzn.to/2V2sUlG

『かえってきたおとうさん』

モーリス・センダック:文と絵

松岡亨子:訳

福音館書店

 

 

『かえってきたおとうさん』は、

『はじめてよむどうわ』におさめられている四話の中の第二話です。

 

 E・ H・ミナリックの文と

モーリス・センダックの絵の

絶妙な空気感あふれる二人の作家による

こぐまのくまくん シリーズ。

 

遠くに漁業の仕事に出かけていた

こぐまのくまくん のお父さんが

返ってくるお話です。

 

子どもにとっての父親の存在が

丁寧に描写され、描かれています。

 

いつもいつも

お母さんの愛の深さが滲み出ていて

母親の役割を考察できる一冊です。

 

子どもにとっては

何よりの家庭の平和が

安心した心の平和を育てます。

 

子供が読み取るところと

大人が読み感じるところは

同じところと、違うところがあります。

 

それだけ深い思考性を

私たちに届けてくれるお話絵本だと感じています。

 

 

 

ehon-labo.hatenablog.jp