ehon-labo’s blog  本の小部屋にようこそ libro favorito

絵本の持つ言葉の力、絵の力は、 深く、広く、温かく、優しく、楽しく未来への希望へとつなげる 言葉の世界.。絵本は、広い未知なる宇宙です。

くものうえのハリー   

f:id:micicokuma:20191016184548j:plain

 

城井 文 (しろい  あや)  作・絵

バイ インターナショナル

 

 

 〜 ぼくと おかあさんの たからもの 〜 

 

 

ある美しい村に、

羊のお母さんと、子羊ハリーが住んでいました。

 

が、

子羊のハリーは、突然死んでしまいました。

 

お母さんは、

悲しい気持ちでいっぱいになり

何もできなくなり、ベットから起きる元気もありません。

 

こどもに先立たれた親の悲しみは

例えようがありません。

 

雲の上から

ハリーもさみしく悲しみでいっぱいでですが

お母さんの悲しんでいる姿を見ると

お母さんのところに行けば

元気になるはずと、

ハリーは思います。

 

雲の上では

川を渡る順番を待つひとが並んでいます。

大切な思い出のものを持って。

 

ハリーは考えます。

ハリーにとって、

お母さんとの約束のもの

思い出のものは、なんだったのでしょう?

 

そして、思いついたのは・・・!

 

親子の愛情は、

無償の与える愛と言われています。

母親が子どもを育てる過程で

愛情を注ぐ姿は、美しいものです。

 

たとえ、新米お母さんでも、

いつの間にか

オッパイを飲む赤ちゃんに

自分の全てを委ねています。

 

もちろん赤ちゃんも、

全幅の信頼をママに。

 

愛おしいすがたです。

 

 

親は、子どもを愛でつつみます。

 

こどもも、

実は、大好きなお母さんを

とびきりの笑顔で受け入れているのです。

 

 

お母さんの

苦しそうな顔

悲しそうな顔を見ると

とても心配になります。

 

どうしたらいいか分からなくて泣き出すことでしょう。

お母さんの代わりに泣いてくれるのかもしれません。

 

 

何しろ、こどもにとっての全ての愛の対象は

親だからです。

 

こひつじハリーが 

お母さんに残した

大切なたからもの・・とは?

 

母親の愛、

こどのも愛、

 

その両方が行き交う

親子の愛情。

胸を打つお話しです。

Life ライフ

f:id:micicokuma:20190902153257j:plain

作:くすのきしげのり

絵:松本春野

瑞雲舎

 

 

 Life、人生。

 

人それぞれの人生がありますね。

人それぞれの日々、移り変わり。
季節、年月、その時の変化を
温かく見守っているお店のお話です。

 

町外れの小さなお店「Life」。

お店ですが、
何かを売っているお店ではありません。

 

「Life」を覗いて、

欲しいものがあれば持ち帰り、
誰かに使ってもらいたいものを、おいていく。
カードに、お手紙を添えて・・・。

 

ある木枯らしの寒い日、
「 Life」に、おばあさんがきました。

 

おじいさんが亡くなり、
花を育てる元気も、
生きる元気もなくしていました。

 

おじいさんの写真を入れる
写真立てを見つけたおばあさんは、

 

代わりに、
持ってきた小さな袋を置きました。

 

毎年、花を咲かせていた
おじいさんが遺した花の種。

 

「花を育てることが大好きだった
おじいさんが用意していた、

春に咲く花の種です」

 

メッセージカードに書き添えた
言葉です。
そして、
棚いっぱいに、種の袋を並べました。

 

冬の間、小さなお店「Life」には、
少年や若い夫婦や、女の子や二人連れなど
何かをおいて、何かを持ってかえります。


春になりました。

 

「Life」には
いつものように
誰かが何かをおいていき
何かを持ってかえります。


その何かは、
誰かから誰かに届く
温かな繋がりのよう・・


見えるものも
見えないもの

生きることは、
誰かと誰かに
手渡すモノ、コト・・・
見えないけれど
温かな繋がりに支えられている

 

そんな風に、ほんわり感じます。

 

種が色とりどりの花を咲かせる
芽吹きの春のメロディが聴こえてきますよ。


町外れの小さなお店
「Life」は、

今日もきっとお店に来る誰かを
そっと見守っていることでしょう。

ページを開いてみてください。

あなたは、
「Life」のようなお店があったら

何をおいて、
何を持っていくでしょう。

 

 

詩と死をむすぶもの

詩人と医師の往復書簡 (朝日新書)

 

f:id:micicokuma:20190725143655j:plain


 

谷川 俊太郎 (著)
徳永 進   (著)

朝日新聞出版

 

 

 

2年前に伴侶を看取りました。
 闘病中、
 この往復書簡は
 どれほど慰められ,
 助けられ、
 励まされたことでしょう。
 医療現場で死と向き合う医師と
 心の動き、問題提起、生死について
 心で受け止めた 詩人の
 命の往復書簡です。

 

おこだてませんように

f:id:micicokuma:20190725142504j:plain

くすのき しげのり (著)
石井 聖岳(イラスト)
小学館

 

 

願い。

こうなりたいと願うこと、

こうしてほしいと願うこと。

一生懸命願う時、

それは、こころが苦しい時、悲しい時、さみしい時かもしれません。

いっぱいいっぱいで、どうしたらいいかわからなくなってしまいます。

七夕さまに、お願いをした男の子

天に向けての一途な祈り。

短冊に一字、一字間違えないように書いた願い事。

子どもの心にある小さな祈りに気づくことのできる

大人でありたいと、私も祈りました。天にむかって。

フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし

f:id:micicokuma:20190725140104j:plain

レオ・レオニ   (著)
谷川 俊太郎 (翻訳)

好学社

 

ちょっと かわった のねずみの はなし と副題がついています。
生きるために必要なこと、大事なことはなんでしょう。
食べ物も、温かに身に纏う衣服も、暖をとる家も、必要です。
寒い冬がくる前に、のねずみたちは一生懸命働いて備えています。
でも、フレデリックは、蓄えとして集めたものは違うものでした。
手にしたり、目に見えるものではありませんでした。
なにかしら?
他に大事なことって・・・。

 

サンタクロースって いるんでしょうか?

f:id:micicokuma:20190725135107j:plain

東 逸子 (イラスト)
中村 妙子 (翻訳)

偕成社

 

 

物心がつきはじめたころ、こんな疑問がおこりませんでしたか?
「サンタクロースって、ほんとにいるの?」
世界中のこども達が、大人に問いかける半信半疑の疑問です。
ところが、「そうです、サンタクロースはいるのです。」と、
明解な答えがニューヨーク・サン新聞に発表されました。
1897年9月21日付けの新聞の記事に、です。
正確にいうと、8才のバージニアちゃんからの質問に、
とても美しい文章で、わかりやすく答えた社説でした。
掲載された記事は、そのまま一冊の本になったものです。
現実の目に見えることしか信じない、なんて思っていませんか?
クリスマスの季節に、ぜひ読んでみてください。

ジオジオのかんむり

f:id:micicokuma:20190725134722j:plain

岸田 衿子 (著)
中谷 千代子 (イラスト)
福音館書店

 

 

年を取ってしまった動物の王様、ジオジオと

小鳥のお話です。

助け合うこと、支え合うことで

安心、平安がうまれるということを

あらためて気づかされたお話です。

いい関係は、Happyをつくります。

年をとっても、してあげられることがあるということは

生きる張り合いいっぱい、です。